スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑

2013 SBC Aブロック大会

ついにやりました!。

2013 SBC Aブロック大会。
鬼門であった一回戦を初めて突破し・・・・・・・・・・・・・・。

IMGP0917.jpg


前日は、当然のことながらお仕事。
月末処理に追われる。
このままでは終わらんと、倍以上のスピードで仕事をこなした。

しかし、金曜日は生憎の天候で、土砂降り。台風が近づいてきているという事で、本当に開催するのか?
とコールセンターにTELしてみると、「開催します。」と
大丈夫なのかと取敢えずエサを仕入れに走った。

勿論、今回も島村釣り具の新鮮なエサにて勝負です。
チロリは入荷していなかった。

でジャリメ、青イソメをそれぞれ購入。
自販機には見たこともない名前のエサがありました。

「赤イソメ」

なんじゃこりゃ?
幸い店がまだ開いていたので、店主を捕まえて聞いてみた。
何ですか?この「赤イソメ」というエサは?

店主:青イソメの赤いやつです!と。

暫く考えたが、とりあえず「物は試し」で買ってみた。










いよいよ開会式。
出発準はR21 なので後方スタート。 

前日の情報では、釣れても・・・・・。
遠いところで・・・・・・・。

初めての浜なので、どこで釣っても変わらんかも。特にエエ場所があるとも思えんし・・・・。
波の立ち方を見ながら、エリア最奥よりも100m程手前にクーラーを置いた。

何とか一回戦突破!を目標に。
5時間の釣りを目標に。

IMGP0918.jpg





タックルはプロキャスター33-405、Z45、PE03。青タン30号の自分の中では最も普段使わない
遠投?仕様で今回は挑みます。



IMGP0919.jpg



針は何にしようかな?
濁った海況を見ながら、取敢えずはGファイン4号、金ビーズ付を8本。
ジャリメと青イソメを交互にさして、開始時刻まで海を眺めていました。

IMGP0920.jpg
IMGP0921.jpg
IMGP0922.jpg




程なく1回戦開始のエアホーンが。

追い風が仕掛けを運ぶも、いつも通りの7色。
「何でやねん!」と突っ込んでみた。


さてさて海の中は、どんな感じかな?
結構起伏が激しいのね。
何か階段みたいな感じがするねぇ。と6色との境目で、アタリをキャッチ。
「アレ?」当たった?アレ、アレ?????

何か連続して当たるんですケド。
魚沢山いてます?か。

たまらず回収。
今年のブロックはひょっとして1回戦イケるんと違いますか?
とドキドキしながら回収すると、

セイゴ、セイゴ、セイゴ、アジ、ヒイラギの一荷。
金ビーズが悪さしてるのかな?

一気にテンションダウン。仕掛けはクチャクチャでセットしなおす。
エサはとりあえずもう一度、ジャリメと青イソメの交互で・・・・・・・・。



2投目は針数落として4本に。
針も悩んでみたが、やっぱり濁っているので、F1キス6号夜光塗にチェンジ。


7色目は、魚が薄い感じ。で6色目に入ると外道が掛かる。
確かにこの境目の駆け上がりが大きいような気がした。
それ以外の所は音信不通。

4色以内は濁りも波もMAXで、針がなくなって帰ってくる。
フグの仕業ですね。


ということで、本日の狙いは7と6の境目のかけあがり決め打ちに。
そうこうしていると、キスの当たりが手元に届いた。

たまらず回収。
15センチくらいのキスが、青イソメに食いついていた。
濁るとやっぱりコレか!

と青イソメにチェンジするも後が続かない。
それではと、「赤イソメ」を試す。


いきなり当たる。
またもや15センチほどのキス。

その後も同じ感じで15センチほどのキス。
型は揃っている。


その後は時合いが過ぎたのか、群れが去ったのか?はたまた届いていないのか?
でタイムアップ。


84gでフィニッシュ。














何となく、イケそう。
でコールされました。初めての2回戦。順位はいつも通りの後方スタート。

感じは少しつかめていたので、仕様の変更なし。
エサは「赤イソメ」オンリーで攻める。

針は、細かいキスにも対応しようと、4号にサイズを落とす。
これで最後まで戦う。迷いません。










さて、初めての2回戦。
開始。



一回戦同様、精一杯の遠投。
で、さっそくアタリ。

連掛けは無さそうだったので、いきなり回収。サイズはやはり同様のサイズ。
エサを付け替え2投目。

また当たる。
で回収。

3投目も直ぐに。
周りはそんなに釣れてない感じ。

4投目も直ぐに。


で開始早々4投で早くも4匹。



その後は沈黙。
どうする?
何かいい位置にいそうだけどな?

なんて考えながら釣るも時間ばかりが過ぎていき、キスを追加できない。
でも、今日はブレないと決めたので、釣り続ける。
そうこうしているうちに、ピンが一匹掛かった。

こいつじゃ重さは稼げん。
もう一本、15センチ程のキスが入ってくれれば・・・・・・・・。


時間も残り15分ほど。

渾身のフルスイングで、七色半からサビキ始めた。
半色サビいた時点で、「る、るるるるるん」

「来た!」
絶対キス!

七色残して回収することに少し抵抗があったが、取り逃がしては元も子もない。
で回収した仕掛けには15センチサイズのキスがついていた。



結局6匹。内ピンサイズは1匹。
頑張ったよな。


IMGP0923.jpg



で、結果は

IMGP0925.jpg




やりました!
遂に・・・・・・・・。

IMGP0930.jpg

やった!

IMGP0931.jpg

やった、やった!!

IMGP0932.jpg

Rinさんが3着。
やった!

IMGP0933.jpg
IMGP0934.jpg
IMGP0935.jpg
IMGP0936.jpg


楽しんでくるぞ!鹿児島!!!
08 : 21 : 14 | トーナメント | トラックバック(0) | コメント(8) | page top↑

2013 G杯キス 高松予選

昨日は2013 G杯 高松会場に行ってきました。
先週、下見に行った時のコンディションとはエライ違いようで・・・・・・・・・。

ということで、開会式、競技説明、クーラチェック等
それはもうスピーディーで、おまけに競技時間が、5時半~9時迄と!
大盤振る舞い。

2回戦に進出すれば、もれなくもう2時間戦えますので、5時間半も集中しなくては。



さて1回戦。
Aブロック11番スタートなので、皆様とエリア最果て付近を目指します。
エリア境界の旗から約100m程手前に陣取りました。
何故?

最近何となく分かってきた海底の起伏による波立ち。
という事で、釣り座決定。



事前情報から遠投有利!!
とのことらしい。

まあしかし何をしても6色止まり。
当日は、サーフサイド35号 410に03PE そして青タン30号と気持ちだけは遠投仕様。
仕掛けはファーストキス3.5号の8本針

ほぼこれで通しました。


程なく開始。
緊張の一投目は6色半?7色目の半分くらいに着水。

思った以上に潮の流れが速い。
即座に仕掛けが右方向に流されていく。

かなり速めのサビキで6色をサビき終わったら回収。
すると、おやおやキスが沢山。4連だったかな?

一投目から魚が入るとかなりテンションが上がるね。
その後も、釣り方に変更なしで、とにかく投げる!回収しているのか?と思うくらいの速いサビキで6色の間をサビいて回収。エサ付けて投げてサビいて回収。を繰り返す。


とにかく回転数を上げないと今日は1回戦でふるい落とされる。と思いながらも開始1時間で多分30匹くらいはクーラーに収めた。


その後は群れが去ったのか、突然魚を見失う。
流されるので、横方向に移動しながら探るもやはり距離が足りてないのか?魚に出会うこともままなりません。
ということで、作戦変更。

何をしたかって?


いつものスタイル。近投!
1番目、2番目の溝を探ってみた。とにかく魚の気配を感じないとね。

で、居た!

単発でも居た!!


エリア中盤に陣取っていた皆さんは近投でポツポツ拾っていたのを、観察していましたよ。
フムフムってなかんじ。



しかし、中盤から終盤にかけての失速具合から2回戦はどうなのか?




2回戦進出の選手たち。
この列に入れました。

IMGP0860.jpg

師匠も。
どすこいチームからは、師匠、針さん、健さん、エブさん、そして私と2回戦進出。

IMGP0861.jpg

出発待ちで、改めてサーフサイドってええ竿やなぁ。と思ってみた。
何がって?
アタリの出方がええんですよ。
モチロン、投げ竿なんでフルスイングしてもOK

IMGP0862.jpg

さて2回戦は
いきなりエブさんと二人してど真ん中に陣取った。
スタートの合図で、皆して遠投。
私は遠投のつもりでビューン!!!
特に飛距離が変わることもなく・・・・・・・・・・・。

で肝心の1投目。間隔の狭さと、潮の流れの速さでいきなり4人おまつり。
皆即座に回収。速やかに仕掛け、天秤を切り離し難を逃れた仕掛けには2匹のキスがついていた。

いきなり仕掛けチェンジを余儀なくされたが、いきなり魚の顔が見れたことにテンションが再び上昇。


仕掛けをセットしなおす。エサもしっかりと刺した。
で、近投じゃ!!!

風も出てきたし、絶対に今以上飛ばんし・・・・・。
4色付近に投入した。


手前ゾーンはそんなに流れていない。
離岸流?
探り当てた?
などと考えていると、「ぷるっ、るるるるるる」と微弱電波をキャッチ。
おるんやね。

そういえば、波も少し落ちてきたかな?

無理して投げて、中途半端にサビいて時間を浪費するわけにはいかん。
ということで、魚を見つけた感が!!!

最後まで、スタイルを変えることなく、バンバン遠投している皆様を見ながら
近投決め打ちで、単発が多いながらも4連なんかもあったりで、ほとんど素針なく釣り続けることが出来た。

最後に時間配分を少しミスった。
多分最後の一投になるであろうから、丁寧に行こう。と思っていたが、アタリが出たので思わず回収してしまった。海の中に仕掛けを置いておけばよかったなぁ。

なんて思いながらキスを外してエサ付けもせずに海に放り込んだ。
多分残り1分くらいだったんじゃないのかな?

その一投にもアタリが出た。
終了の合図で回収すると、フグとハネだった。キスのアタリも入ったハズだったんだが残念。


結果18匹。
7位でフィニッシュとなった。
目標としていた5位にはあと少しだったのか?

でも結構満足してる。

案外、こういうコンディションが好きなのかもね。



IMGP0864.jpg
IMGP0865.jpg
IMGP0867.jpg


腹ごしらえを終えたどすこいチームは
再び浜に舞い戻り、
反省会なのか?怪しい密談なのか?
暫く釣って本日は終了となった。


IMGP0868.jpg

どうやらこのリール。
磁石だそうだ。肩こりもちには良いのか?

教えてエブさん!!!

IMGP0869.jpg
10 : 24 : 14 | トーナメント | トラックバック(0) | コメント(4) | page top↑

2013 SBC 富山大会

2013 SBC 富山大会に行ってきました。

久しぶりのベタ凪。
天候はやや曇り空・・・・・・・・・。後にパンツまでビショビショになるという過酷な状況になった。
合羽は持参していたが、そこまでにはならんだろうと車中に・・・・・。
それにしても穏やかだ。



IMGP0841.jpg

受付時間は4:15分~
会場は近いはずなのに、早起きしないと間に合わん。

エサはいつも通り、島村釣り具でジャリとチロリ。
活きの良さは太鼓判。

IMGP0842.jpg

競技説明中。
あまりの人の多さにMCのおねえさんが、見えません。




IMGP0843.jpg


何処で釣ろうか?

何となく、感じはつかめていた。去年ほどではないが、数は出そうな気がしていた。
後は距離と、サイズ。

一つ引っ掛かるのは海水の色。
少し濁り気味か?

クリアーなら点在するシモリを順番に撃っていく作戦だったが、どうにも見えん。




この時期はシモリの際に付くキスを拾っていくのがポイント。
と去年ぐらいから気づいた。が、明確なシモリが発見できず、気が付けば中途半端?な所にて足を止めた
1回戦。出発準が早かったが、どんどん追い抜かれて・・・・・・。

準備に取り掛かると、よく知った方が。
隣り合わせで釣るとね、どっちか必ず沈没するんだよね。なんて言いながら1回戦スタート。
一投目から魚信が伝わる。

連掛け狙いで確か3連くらいだったような気が・・・。
隣では、よく知った方が同じように連掛け。

周りでは・・・・・・・。

沈。


案外行けていたのか?


その後もコンスタントに連掛けをキープ。
最後の1時間はさすがに失速。
その頃、2回戦のエリア決めの旗が設置される。
どうやらエリア外で釣っていたようなので、戻りながら様子を見ていく。

どうも薄い感じがする。
距離は変わらないが、キスの釣れ方がおとなしい。
数もあんまりいないような感じ。




数はそこそこ。サイズはイマイチ。
行けるか?2回戦。








IMGP0844.jpg

1回戦集計の間、師匠は・・・・・・・・・。








1回戦ホワイトエリアボーダーラインは311gだったかな?

前半の貯金が効いて465gで二回戦進出!!
これで5時間の釣りができます。
が、途中から次第に強く降り出した雨のお蔭で、ビショビショ、寒い。




2回戦の競技説明を聞きながら、狭まったエリアのどこに入るべきか?
を相談して結果、1回戦は川の両サイドがエリア外だったのに対し、2回戦ではOKに。
となると、ここでしょ!という事に。
ただし、どちら側に入るか?

氷見側は橋を渡っての移動になるのに対し、手前側は本部真下。
出発準が後方だったこともあって、皆の流れを見ていると、どうやら氷見側に大半の選手が流れて行ったような感じがしたので、迷うことなく本部下をゲット。




うん、よく知った方をはじめ、師匠、浅間さん、など知った方ばっかりでした。
仕掛けは、とりあえず最初の1投目が勝負と思ったので、投魂T-1の4号、ビーズ付の11本。
平たく言えば残っていた仕掛けね。エサはジャリメを丁寧にさして。
最初の一投目は、準備まで時間があるので、きれいにエサ付けができる。

天秤はいつものパトリオットG3スペシャル。(勝手にそういう風に呼んでます)
ただ、いつもと違うのは、2回戦からは23号に変更。そしてサーフキーパーの接続。

通常仕様では何となく弾いているような気がしたからね。
と本人が勝手に思ってます。
思い込みはある意味大切でしょ。


2回戦開始の合図とともに、1回戦よりも気持ち沖めにキャスト。
それがよかったのか、明らかに強い当たりがでた。キーパーをつけて感じるアタリなので、
1回戦で釣れたサイズよりは気持ち大き目のキスが上がった。

その後はサイズダウン。
ということで、数の積み上げ作戦に変更。
針のサイズをさらに落とし、波口をより丁寧に探る作戦に変更。

で終了。





結果は!

IMGP0848.jpg

3着でした。
久しぶりに表彰台。
やりましたよ!!


IMGP0850.jpg


最近は反省文みたいなことしか書いてなかったので、
久しぶりに長文?がかけました。


皆様、お疲れ様でした。
09 : 15 : 21 | トーナメント | トラックバック(0) | コメント(4) | page top↑

2013 ジャパンカップ北陸大会

昨日は今年度、第2戦目となるジャパンカップ北陸大会に行ってきたゾ。

初めての三里浜。
いつも通りのぶっつけ本番一本勝負。

結果?


一回戦にて終了。

確か79g。

ボーダーライン116g。


























で、

反省文。

今回は、魚の大きさの認識が甘かったな。
あまりにも小さい魚を相手にしなくちゃいけないなんて。



中にはそこそこのサイズが混じったんだろうが、
少なくとも、私の竿先を引き込むアタリは皆無でしたよ。


海の中で、仕掛けが群れに遭遇しているのかどうかの判断が非常にあいまいになり、
結果、巻いてきたら付いていた状態。


前回はアタリがないと、当然魚がついてるはずもないような試合だったが、
今回ばかりは、はっきり言って・・・・・・・。


面白い釣りじゃない。

楽しくない。

イメージできない。


やっぱりヘタクソでした。



残念。



残りはあと2戦。
今年度は結果を残せるのか?





残したいです・・・・・・・・・・・。
18 : 12 : 11 | トーナメント | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑

2013 ジャパンカップ上越大会

昨日はジャパンカップ上越大会に行ってきました。


結果?



はボーダーに72g足りずに見事に一回戦落ち。でした。




結構いたんじゃない?
ボーダーに72g足りない人・・・・・・。






感が良い人、ピン!ときましたか?








話を変えましょ。





やっぱり上越。
難しいね。


ピンポイントの絞り込み。
これがすんごい大切なことだと・・・・・・・・。



釣れない中でも、同じ人ばかり魚をかけるのはこの差ですね。
居るのは分かっているのだけれど、釣れない。
決められた時間の中で、魚を釣りたい気持ちばかり先行すると、迷い、焦りの悪循環に陥ります。

早い時間で、それを引き当て、自信にかえれるか?どうかが分かれ道。
自信に変わると、サビかずにその場でアタリをじっと待つことが出来る。
これが出来ないと、半信半疑で魚を探そうとして、サビき続けてしまう。けっか、魚のいないところで待ってみたりと。これでは投入回数は増えても、捕獲率は圧倒的に低くなってしまう。


勝手な想像。
昨日の状態で、魚を釣った人(予選を勝ち抜いた人ね)の投入回数はほかの人に比べて少なかったんじゃないかな?信じて待つことが出来る。本当にバクバクと釣れるような時は感じないんでしょうが、シビアになればなるほどその差は大きく表れるんだ!と。


まあ、私は少なくとも・・・・・・・・・・。



反省会も含め、昨日は2回戦(反省会ね)でピンポイントを引き当てた。(本番でしなさい)

この距離で釣れるから、置き竿。
皆で竿先凝視。

見事にブルンブルンと引き込まれる竿先。
こんなもんですよ。


去年は、もう少し沖目。
今年はさらに近場。


あとは昨年とは完全に別物であった海底。
右側には砂利が多くて・・・・・・・・・・・・・。











今週末。








リベンジなるか?


いや、ならんか・・・・・・・・。



19 : 39 : 20 | トーナメント | トラックバック(0) | コメント(4) | page top↑
前ページ | ホーム | 次ページ

プロフィール

sukesan

Author:sukesan
富山在住、釣り人間。

現在閲覧者

現在の閲覧者数:

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

最新記事

最新コメント

カテゴリ

釣り (39)
タックル (25)
トーナメント (26)
ソルト (11)
タックル(ソルト) (10)
イカチャレ (7)
家族 (5)
お知らせ (2)
つぶやき (9)
未分類 (13)
TOY (9)

FC2カウンター

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。