スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑

2011.SBC富山大会

昨日はSBC富山大会に参戦してまいりました。

まずは結果ですが、2回戦落ちで予選突破ならずでした。

今回もデジカメは持っていきましたが、全てにおいて余裕がなかったのか、殆どございません。
詳しくはKISUMANIAさんの所でご確認ください。



ということで、このまま終わってもいいのですが、今後のためになるかどうかは分かりませんが、一応反省文?というか大会中の思考回路をつづってみようと思います。


まず朝一のワッペン抽選で期待感が持てそうなWエリアの白ワッペンをゲット!
気になる出発準はW-104で正に最後尾スタート。

どこに行くか思案するも順番にポイントが埋まり、選択権のない私とrinさんは、エリア最果てを目指す羽目に・・・・。

到着後、準備をしている最中にスタートのエアホーンが・・・・・。
焦る焦る。



何か長くなりそだな・・・・・。



という事で、この日のタックル紹介でございます。
ダイワさんはタックル指定という事で、

竿    プロキャスター33-405
リール  Z45

当日使用した仕掛けは

ササメ  アスリートキス4号×7本
オーナー 競技用ヒネリ5号×10本
オーナー ジャストキス5号×8本
ハヤブサ 瞬速キス(夜光)5号×5~8本

と前回のJCの時と比べると様々な仕掛けを繰り出しました。
しかし、結果として釣れたキスの数と比較すると何だかなぁ・・・・・・。


自己分析の結果として、
まず、ポイントを絞り切れなかったことと、アタリがあっても素針の率が高かった。

天秤もL型木オモリ、トップガン、スーパーシグナル+カイソー10号、堀川天秤(パトリオットイノベイター)等々・・・・。


釣れているとき(自分の中でイケてる時)は終始天秤、仕掛けの変更は最小限で済むのですが、イケてないときのお約束というか何というか、アノ手、コノ手を繰り出して、結局方向性を見失うという・・・・・。
途中でハマれば方向修正も可能なのですが、今回は終始、手前と海中に漂うの藻の塊に翻弄され、手詰まりに。 


本題に戻しましょう。

1回戦は最初に入ったポイントでポツポツとキスは釣れました。しかし細かい。
朝一のビッグワンとも遭遇できず、これではいかんとポイント移動。
移動先でもポツポツ。周りでもポツポツ。

全体的に釣れていないのか?
自分だけ釣れてないのか?

と迷いと焦り。そして現実の障害。藻が一番大きな障害だな。
その生涯を拂拭出来ないまま時間だけが過ぎ、気が付けば1回戦終了時刻15分前。
9時帰着と完全に思い込んでいたために、早々に本部目指をめざした。
しかし、周りの様子がおかしい。

どうやら9時まで釣ってよかったらしい・・・・・・・。
ルール説明はしっかりと聞きましょう。(反省)

そんなこんなでいつもの位置に滑り込み1回戦は突破。



突破したものの、2回戦はエリア縮小で1回戦の時に釣っていた場所はエリア外。
検量時に反対エリアの選手たちの魚は若干ですが方が大きかったように思え、どうせならと2回戦は
反対エリアでまたまた博打勝負?してみることに・・・・・。



反対のエリアは1回戦の場所よりも遥かに打ち上げられた海草、藻、ゴミのボリュームが!
しかも開始1時間は全然魚が入らず。 


今回は2回戦開始からの3投目でも魚が入らずで、周囲では釣れているという事実を確認していただけに、
早くもレースから離脱。

諦めてはいけないと奮起するも、前述のような障害が除去できず。
時間は刻々と過ぎ、焦りを通り越して諦めモードに片足を入れそうになりながらも、回遊してくるであろう魚群を信じ打ち返す。

微細なアタリでピンサイズを最終的には6匹水揚げするも、レースにはなりませんでした。


ということで、2011、SBC富山大会は2回戦敗退となってしまいました。残念



今回は目標の5時間釣りをすることは達成。結果は伴わず。
普段通りの釣りができなかった。気持ちだけは冷静にならないといけないと痛切に感じた試合だったな。

悔しさは無いといえば嘘になるけれど、もし仮にもう一回最初から大会をやり直したとしても、今の自分では結果は出せない。と思うので、案外「負けた」という事を素直に受け入れられましたよ。

9月のブロック大会出場の皆様は是非とも結果を出していただきたいものです。









長くなったついでに、

トーナメントプロキャスター33-405の使用感をば少し。
投げることに関しては、様々な所でアップされていると思いますので省略しましょうかね。
要は飛ばすことのできる方が投げれば飛びます。ということ。

実釣ですが、33号なのですが、竿先がかなり細身で、30号の鉛では少し竿先がもたれるように曲がります。
海底の状況も良くわかり、好感度。
アタリの伝わり方も実に鮮明で、コツンという前アタリから「るるるるる」の本アタリまで確実に伝えてくれるような気がします。

価格とスペックが高次元で融合した素敵な竿だと思います
ガイドに関しても、今の所それらしいトラブルもなく・・・・・・・・。



ということで、反省文とプロキャスターのプチインプレッションでした。





















スポンサーサイト
19 : 27 : 20 | トーナメント | トラックバック(0) | コメント(6) | page top↑

2011ジャパンカップ上越大会

かれこれ6~7年振りにジャパンカップ(予選)に参加しました。
今回の挑戦で3回目となります。

初参加の時は、訳も分からずとりあえずは1回戦は突破するも2回戦はBOZで・・・・・。
翌年の2回目の挑戦時は1回戦で屈辱のBOZを喫し、実力のなさを露呈する羽目になりました。

ということで、ジャパンカップは3度目の挑戦となります。


前日は仕事ということで、当日入りです。
情報を皆さんに注入していただきますが、釣れるのか?


IMGP0114.jpg

受付のゼッケンは158番!いけてるのか、どうなのか?
以前はゼッケン装着だったのが、ゼッケンステッカー?背中に大判一枚、胸に小判一枚。
背中には何とか貼りましたが、小判のほうはベストのポケットが邪魔で帽子に貼らせていただきましたよ。

競技中に地面に何枚かは落ちていました。

IMGP0110.jpg

本日のタックルを紹介しましょう。
竿はスピンパワー365CX
リールはキスMg
PE08

この竿ですが、大会での使用は初めてになります。

シマノさんはタックルフリーになったおかげで様々なメーカーのタックルを見るようになりましたね。
以前、初参加の時は、ほぼキススペ一色みたいな所もありましたが・・・・・。

あと近距離の釣りということで皆さん軟調子の道具立てかとも思いましたが、BX、AXといった
やや硬めのタックルで参加されている方もいましたね。


IMGP0113.jpg


メイン仕掛けは競技用ヒネリ5~6号
針数は5号が10本、6号が7本
ハリスはホンテロンの08号
モトスはベーシックFC1.25号


大会直前に夜なべして制作した入魂の仕掛けを使用しました。
朝一は蛍光色のハリス、フラッシャー付のキススペ6号を使用しましたが、フグに弄ばれただけで・・・。


IMGP0126.jpg

ということで、ここから1回戦の始まりです。

出発順はほぼ最後尾?
端を目指し歩きましょう。

しかし、ここの浜は歩きにくいですね。
G師匠、はるパパさん、にしかんさんはアヒルサンダルで機動力倍増!砂浜を飛び跳ねるように
ポイント確保に向かわれたそうな・・・・・・・。

結局、移動中に試合開始のホイッスル!
まあ、慌ててもね。

ここからは試合中ということで、画像はありませんので妄想、いや想像を膨らましてくださいね。






海に正対し、昨年のG杯の予選の時のように波口を捜索。

しかし、天気とは裏腹にうねりが大きいのか「ざっぶ~ん」と波足の長い波が迫ってきます。
どこがポイントなのか?

さっぱり分かりません。
が、周りの選手たちはその中からキスを引っ張り出してきますよ!
凄っ!!

自分は、縦のポイント位置が決めれず四苦八苦。
アタリがあってもフグ!仕掛けの針は毎回確実に何本かは無くなってきます。

これでもまだ探っている位置は遠いのかなぁ。と更に波打ち際を果敢にアタック。
すると・・・・・。
仕掛けは見事にくちゃくちゃに絡んで悪循環。
「どっぱ~ん」と打ち寄せる波に翻弄され、八方ふさがり。


う~ん、悩みます。
ということで、ポイント移動じゃ。
波打ち際が抉れて小高い丘になったところに移動すると、そこには女神様が!いや、にしかんさんのお姿が。

お隣に入れてもらい、何となく仕掛けを止めていると、「るるるるるるっる~ん」とアタリ!
やっとこクーラーに魚を収めるも、開始1時間は過ぎていました。
しかし、後が続かずまた移動。また移動。

またまた移動で2時間経過。
またしてもJCに打ちのめされるのか?それでいいのか?と心が折れそうになります。

皆さん、小移動を繰り返しているのが見えます。
釣れてないのか?な。とも思いましたが、U山さんがかなりキラーぶりを発揮されていまして、3連、ダブルとか、良型、ピンを織り交ぜて海の中から引きだしています。

私にも釣れるはずだ!とさらに移動したさきで、見事根掛かり!さらに力糸からプッツリ。
アカン、終わった。と思いましたが、大会ということであきらめませんよ。
スプールチェンジで乗り切りましょう。
おまけに黒糸だった力糸もいつものピンクに変えました。

実は、偏光サングラスのお蔭か全く力糸が視認できていなかったので、色がついたことで波口での鉛の位置が何となくですが、特定できるようになってきました。天秤も重めのL型のトップガン30号に変更。
これは波に少しでも揉まれないようにと無駄な抵抗をしてみた。
それ以外の天秤は、木オモリやブラ天などであったために、少しでもシンプルな天秤で極力表面の抵抗を少なくしてみようという、これまた無駄な抵抗。

そうこうして足掻いていると、隣の人との間隔が少しあいていたので、潮流を考慮してプチ斜め投げをしてみると、
うっすら見える波口の段あたりで横引きをすると、「どっか~ん!」と良型が!

なるほど、そうだったのね。
と一人でテンションアップ。「釣れた」ではなくて、「釣った」という感覚が自分の中では大切でこの感覚を持てるか否かでもし仮に1回戦を突破したときに2回戦での展開が大きく変わると思います。

そのパターンで短時間で魚を追加していきます。
結局、最後の最後で何となくパターン?が理解できたのかな・・・・・。
もう少し時間があれば・・・・・。
でホイッスル。

アカン。終わったかも・・・・。と重い足取りで本部を目指しました。
検量結果は317gで左エリアの釣れっぷりから見ると2回戦進出はやや絶望的か?


結果表。
幸運にも滑り込み?で1回戦突破。

IMGP0120.jpg

左エリアで爆発したG師匠とともに2回戦へ。
後ろでは、海況に打ちのめされ、顔の形が変わってしまった?はるパパさんが。(^^;

IMGP0117.jpg


打ちひしがれる「どすこぃ」の皆様。(^^;

IMGP0116.jpg

まびゅさんに・・・・・。
「申し訳ありません~っ!」(^^;

IMGP0119.jpg




ということで2回戦。
大部分が左エリアに走って行かれました。
右エリアは・・・・。寂しい。
しかし、

ここは博打を打ってみようと思い、私を含めて3人ほど。
右エリアでアタック。
もう少し右エリアの範囲が広ければ、迷いも少なかったのですが、3投で一匹もキスが釣れなかったら即移動と心に決め開始まで左エリアを眺めていました。

IMGP0123.jpg


あの丘の向こうはパラダイスなのか?

IMGP0124.jpg



さて2回戦開始。
1投目、フグ。そして仕掛けが損傷。

2投目、素針。仕掛け絡み。

3投目、メタルジグ!何でやねん!と突っ込んだ(^^;

この間の消費時間15分ほど。

即移動を決意し、丘を越えて左エリアへお邪魔します~。
丘を越えると、凄い密集した集団が!アカンこんなん入る場所ない。
左エリアの右端に、にしかんさん発見。
それも良型3連での水揚げを目撃。

やはり女神様!

おまけににしかんさんの釣られている場所がテトラ付近のためなのか、浜に打ち上げる波足がほかの所よりも明らかに短かったので、お願いしてお隣で釣らせていただきました。

しかし、やっぱり魚を捕まえることが難しくて、1回戦の後半に盛り上げた気持ちにやや陰りが・・・。
でも36人中18位までに入ればセミファイナルの権利を獲得できるという事なので、集中しなおします。

途中、色々とレクチャーを受けたりして、やっとこお魚ゲット。
しかし、お隣のにしかんさんの釣りあげるキスよりも一回りも二回りも小ぶりです。

何とかしなきゃ。
アタリを捕まえて、追い食いを待って3連とか2連とか。
リズムに乗れたのか順調に追加していきますが、やはり小さい。

最終的には1回戦より数は釣れましたが、あまりにも小ぶりだったためにまたしても微妙な感じで
タイムアップとなりました。
周りの選手を見る余裕なんて全然なかったので、果たして・・・・・・・・・。



結果発表。

IMGP0127.jpg

2回戦、結果が出ず項垂れるG師匠。

IMGP0134.jpg

私は何とか14位に入賞することができましたよ。
セミファイナルの挑戦権をいただきました。(^^v

IMGP0133.jpg

イェイ

IMGP0142.jpg

表彰台の皆様。

IMGP0141.jpg
IMGP0144.jpg


そしてドラマは最後のじゃんけん大会。
見事優勝。
表彰台のど真ん中で、副賞の自転車を掲げて・・・・・・・・・・。


いやいや違いました。
単なるラッキー賞というやつでした。
でも嬉し。

IMGP0146.jpg

ということで長々と書いたJC上越大会の参戦記。
最後まで見ていただきありがとうございます。


次は来週のSBC富山大会。
がんばりましょう。
14 : 19 : 12 | トーナメント | トラックバック(0) | コメント(12) | page top↑

祝!ファイナル!!!!

四国のお父さん、ジャパンカップ西日本セミファイナル6位通過!!!

ついに念願のファイナリスト!!格好ええですね。

頑張れ!

あ~嬉し。
17 : 01 : 39 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム |

プロフィール

sukesan

Author:sukesan
富山在住、釣り人間。

現在閲覧者

現在の閲覧者数:

カレンダー

05 | 2011/06 | 07
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

最新記事

最新コメント

カテゴリ

釣り (39)
タックル (25)
トーナメント (26)
ソルト (11)
タックル(ソルト) (10)
イカチャレ (7)
家族 (5)
お知らせ (2)
つぶやき (9)
未分類 (13)
TOY (9)

FC2カウンター

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。